【ebay輸出】サブアカウントをどう作る?

こんにちは(^^)v
日本一自由な貿易コンシェルジュの中本です。

梅雨が明けて、やっと夏っぽい
天気になってきましたね!
やはり青空と白い雲は良いですね!

さて、今日はebayのサブアカウントの運用について
お伝えします!

僕のとこの生徒さんには、サブアカウントの運用は、
ある程度実績を積んできたら結構積極的に
取り組んでもらっています。

これ、ebayをやっていない物販経験者に言うと
結構驚かれるのですが、ebayって一人で
複数のアカウントを持つことができます。

メインのアカウントと別にサブアカウントを
作ることが公式に認められています。

ただ、こう言うと、また、際限なくアホみたいに
アカウント量産するやつとか出てきそうですが、
そう言うことやるとサスペンドされます。

ebayには「セリングリミット」と言う概念があって、
コツコツ、ちゃんと真面目に取引を進めていくと
販売枠のリミットが上がっていく仕組みなので、
メインアカウントでなんの実績もないのに、
サブ垢を何個も作っても
意味ないので気をつけましょう。

さて、その上でですね、
メインのアカウントが育ってきたら、
サブアカウントで専門店化していく、
と言うのがよくあるパターンです。

メインアカウントで無在庫販売の点数を増やして
受注率やPVの付きが良いジャンルを切り出して、
サブアカウントを専門店にしていくイメージですね。

メインアカウントでローコストで、
テストマーケティングをして数字を見て
専門店にしていきます。

何でも屋でぐちゃぐちゃに商品を並べていると、
どうしても集まってくるアクセスは無属性になるので
そこでリストをとっても、薄いリストになってしまいます。

やはり、特定のジャンルを深く掘り下げて
専門店にした方がが、より濃い顧客が集まりますよね。
そしてリピーターにもなりやすいです。

で、こう言うと
「サブアカウントは専門店か、、でも自分はなんも
詳しいジャンルないし趣味もないし」と
必ず言う人がいます。

あのね、専門店って商品カテゴリだけで切らないと
いけないってそんなルールないですからね。

世の中にはいろんな切り口で、いろんな検索ワードで
商品を探している人がたくさんいるわけで、
そのお客様の要望にあうお店を提案していけば良い。

まあ、こう言うとまた思考停止しちゃう人がいそうだけど、
ここを自分の頭で考えて、コンセプト決めて
PDCA回して改善していかないと、
あなたのビジネス力って上がらないんです。

ここはね、外注さんとか、AIのシステムとかじゃ
代用が効かないところです。

こうやってサブアカウントが育っていけば、
月利20万のebayストアを5つくれば、
月利100万円の出来上がりとなりますね。

ただ、言うは易し、行うは難し。
まずは基本になるメインアカウントを
コツコツと育てていきましょう!!

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP