【コロナ融資】 かけた時間1時間で1200万円の融資を受ける為にやったこと

こんにちは!
輸出ビジネスコンサルタントの中本です。

タイトルの通り、コロナ特別融資を日本政策金融公庫から受ける流れを解説します。

①広島の政策金融公庫に電話して、コロナ対策融資の申込書を郵送してもらった。
②届いた紙にボールペンで2月の昨対の売上を書いて、
 ローソンで決算書2期分のコピーを取ってレタパで返送した。
これが先週3月27日金曜日
ここまでかけた時間1時間くらい。

条件として昨対で5%の売上減が対象です。
法人でも個人事業主でも大丈夫です。
私の場合、すでに政策金融公庫との取引実績がありました。
なので審査が超スムーズに進んだのもあるかもです。

3月31日火曜に担当から電話がかかってきて、
③生年月日と干支(笑)を伝えて電話で10分ほど質問に答えた。
中本「すみません。いま自宅は東京でコロナリスクもあるので、広島にすぐ面談に行くのが難しいのですが…」
担当「そうですよね、大変ですよね。来なくて良いですよ。電話審査で大丈夫です。」
中本「へ??(マジ?)」
そして
さっき4月2日 木曜
担当から電話がかかってきて

④「決裁おりました。契約書を送るので社印を押して返送してください。4月中旬の送金になります。」
なんだこれwww
かけた時間1時間10分です笑笑

日本国🇯🇵神じゃないですか!

いろいろ言われてますが、安倍総理、1.6兆円コロナ対策融資の鶴の一声ありがとうございます!!😊
逆にこれやらない、てか、出来ない人いるの?レベルの簡単さです。

テレビみて、マスク2枚がアホかよとか、政治家の文句言うてる暇があれば、
自分ができること探して動きましょう。
テレビでは安倍総理や政治家の批判ばかりですが、
僕は政治家の文句を言うてる人はそれを選んだのは、
我々国民であり有権者だってことわかってるのかなと思う。
とりあえず、政治家の批判をしてても1円にもなりませんし時間の無駄です。
 
さて、話を融資に戻します。
個人事業主でも申込はできるそうなので最寄りの政策金融公庫に「コロナの融資の件です」と電話しましょう。
因みにうちは自宅は東京なのですが、本社の登記は広島なので、政策金融公庫の担当は広島になります。
都内で23区とかだともっと混んでいて、時間がかかるかもしれません。
逆に地方はチャンスです。

もちろん借り入れですから、返済しないといけません。バランスシートの負債は増えます。
借金に抵抗のある人もいると思います。
でも、今は、こんな誰も経験したことがない様な先が見えない時代です。
ヨーロッパの主要国が軒並み閉鎖して、NYでは病院を溢れた患者が野戦病院でトリアージされてるんですよ?
ハリウッド映画の様な世界が今現実に起きています。
そして、日本でもそうならないとは限りません。

使う使わないは置いといて、手元キャッシュは多いに越したことありません。
どんな不景気でもいつの時代もCash is King です。
売上が減って、現金も減って、ロックダウンで人とのコミュニケーションもなくて、
スーパーに食料品もなくなって行ってその不安にあなた、耐えられますか?

おそらく僕は心が弱いので耐えられません。
使える制度、仕組みは全部使いましょう。

【コロナはいつ収束するのか?】
いろんな人が色々言ってて諸説ありますね。
夏になって高温多湿になれば収束するとか。
是非、こうなって夏にはハワイにでもゴルフしに行きたいです。

でも私は、経営者なので最悪の事態も想定しないといけません。
そうすると、あと2年はダラダラこんな感じが続くのではと想定しています。
どうせ冬に対策が緩んだ色んな国から感染の第二波が来ます。
怖いのは、来年の中国の春節ですよね。
また、若者が中国全土に散らばります。

世界中で一周まわって収束するには2年くらい必要。
ソースはスペイン風邪です。
1918年に発生し前流行。
1919年に後流行がきて、実は2年目の方が感染者数と死者数は多かった。
1920年に感染拡大の限界値がきて収束。
なので、最悪のケースを考えると2年間耐えられる仕組みと資金的な体力が必要です。

テレビみて政治家の文句を行ってる時間は、ありません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP