人事評価は基本「寿司ネタ」の意味

こんばんは(^^)
日本一自由な貿易コンシェルジュの中本です。

昨日は事務所をもう一つ借りたので、
プチ引っ越しでした。

腰痛持ちなので、そろそろ運ばないといけないので、
時間かかるかかるww
もう少し頑張って荷物の整理します(^_^;)

さて、最近私のebay輸出スクールの生徒さんから
いただいたご質問で「外注スタッフさんの賃金」について、
少しシェアしてみようと思います。

以前にも書いたと思いますが、
僕の会社は社員は私一人です。

一人社員で一人株主です。
お仕事を手伝ってくれているスタッフさんは
皆外注スタッフさんです。

多くは在宅の主婦の方なのですが、
基本的にお仕事に単価設定をして、
1件いくら?みたいな契約になっています。

例えばebayへの出品だと@25円です。

こう言うと多くの反応として
「そんな安い単価設定でお仕事の応募がくるのですか??」
とご質問がきます。

これね、来てくれるんです。

まず
1、クラウドワーカーやSOHOさんは、
基本的に在宅なので場所と時間を拘束されない

在宅で自分の都合の良い時間にできるだけ
仕事をすれば良い。
これは、フルタイムでは働けない主婦の方には、
とても助かるんですよね。

だって、お子さんが小さいとか、
親の介護をしているとかだと、
基本的にフルタイムで週5で働きに出るとか、
不可能じゃないですか。

それが、自分の家でPCさえあれば、
好きなときだけ働けば良いのです。

だから、その分多少安くても喜んでお仕事を
してくれます。

2、自分のキャパ次第でいくつも仕事を並行できる
これも、正社員で雇用されている訳じゃないので、
時間のバランスをとっていくつもお仕事を並行して
受けているスタッフさんもいます。
まあ、そこは従量制の給与体系なので、僕としては
やってくれただけの、手数料しかお支払いしないので
お互い楽です。
これ正社員で固定給で給料払ってるとね、こうは行きません。
「何サボって他の仕事してくれてんねん。」
と雇用主側はなります。
なので、僕はよっぽど優秀な右腕、左腕クラスの
信頼できるスタッフさんにしか固定給ではお支払いしません。

3、年齢や性別とか学歴とか関係ない
一般企業では、いまだにこう言う選別があるのか、
知らないですが、まあ正社員に関してはおそらく
ありますよね。

うちは、正社員でも契約社員でもなく、
外注スタッフさんなので、
完全に純粋に「同一労働、同一賃金」です。

まあ当たり前ですよね。
ちゃんと出品してくれれば、
出来上がるアウトプット=出品ページは
同じものなので、単価は@25円です。

正社員と非正規社員で同じ仕事なのに、
正社員の方が給料いいとか、なんなんですかね?
江戸時代ですか?笑

もちろん、利益貢献度や前月の頑張りで、
社長の独断と偏見でボーナスとか色をつけたり
しますよ。

基本的に「同一労働、同一賃金」だけど、
ちゃんと報・連・相してくれて、
価値貢献してくれたスタッフさんには、
じゃぶじゃぶ還元します。

上場目指す様なスタートアップだと、
人事制度ちゃんと設計した方がいいのかもですが、
僕の様に固定費抑えて利益残して、
忙しくなりすぎず、ストレスも抱えたく無い、
自由に生きたい人は、
正社員を何人も抱えちゃダメです。

人を使うのが何より難しいですから。

僕は人事の評価の基本は「寿司ネタ」だと考えています。
そう「時価」です「時価」

何年長く働いているとか、
1年前にすごい成果を残したとか、
そう言うの関係ないんです。
それやり始めると、結局、年功序列みたいに
なっちゃうので、基本的に前月どれだけ
利益貢献してくれたか。
もしくは「僕がめんど臭い仕事をどれだけ巻き取ってやってくれたか。」
これ大事です。

社長なんか、重要且つ緊急な仕事だらけなので、
それを全て自分でやってたら、サラリーマンの社畜以上に
いつまでも永遠に仕事し続けないといけません。

如何に自分以外の誰かが出来る仕事は、
誰かにやってもらって、
本来、自分しか出来ない利益を増やす為の
仕事に時間を使うか。
ここがポイントですよ。

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!

PS
昨日、白金の事務所近くで会食で飲んだあと
「涼しいし歩いて帰ってみるか!」と
代官山まで5キロほど歩いて帰ったら、
普通に1時間弱で帰れました。
真夏は厳しいけど、良い季節は健康のために
歩き通勤もアリですね^^

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP