ebay輸出。中古リサーチの考え方とは?

こんにちは(^^)
日本一自由な貿易コンシェルジュの中本です。

【ebay輸出 月収100万円以上プレーヤー】対談はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=jTubRbuFHAU
左うえの重道先生のセミナーはこちらからどうぞ!
http://brl-jpn.com/tr/groups/ishf9ysd9p/

最近、毎朝の日課で30分ほどウオーキング
しています。

今日は渋谷方面に歩いたのですが、
日曜の朝は、、渋谷でもびっくりするくらい
人がいないですね。
昼はGWなのでえらいことなると思いますんで
近づきませんけどね。^^

さて、この前も似たような事を書いた
記憶があるのですが、ebay輸出をする際の
商品で「新品」か「中古」か?

先日も生徒さんからご質問いただいたので、
ちょっと僕の考え方をお伝えします。

まず結論から言うと無在庫販売だから
中古は取り扱いが難しい。。
これは完全にマインドブロックです。
中古は一点物だから、在庫しないと難しい。
と言う謎の思い込みでやってないだけです。

コンディションの表記や、発送前のお客様への確認、
現物の発送前の写真。
これらを押さえておけば、問題ありません。

てか、新品でも似たようなもんですし。

あとは、新品と比べて価格の上下動も少ないです。
新品はね、特にAmazon JPで仕入れる場合は、
価格が乱高下しますから逆に要注意です。

中古のリサーチをする場合のポイントとしては、
直近でebayで売れた物だけではなく、
かなり前、例えば3ヶ月、半年前に
売れた商品もリサーチすべきなんです。

これは、どう言うことかと言うと、
中古の場合は在庫をチェックしたその時、
そのタイミングでは、どこにも在庫がない。

だけど、その後にヤフオクやメルカリ、Amazonに
出品される、と言うことは普通にあります。

なので、中古で需要のある商品は
データとして積み上げて置いて、
定期的に在庫状況をチェックする。
と言う考え方が必要です。

過去に自分自信が中古品を販売した販売履歴や
問い合わせがあったけど、たまたまその時は、
無かった。
でもひょっこり出てきた。

こう言う物は非常に売れやすいです。
人気の中古のヴィンテージ物で手堅い物なら
資金に余裕があれば、在庫してしまっても良いですね。

勿論、在庫チェックをしっかりして、
無在庫で出品しても良いです。

過去に問い合わせをくれたお客様に
「在庫でたよー!ebayにUPしたよー。てかまだ欲しい?」
みたいに連絡してあげると、
「え?なに?わざわざ連絡してくれたの?
お前どんだけ親切なんだよ!」
って感じで陽気なアメリカ人が買ってくれます(笑)

中古はデータを蓄積して定期的にチェックする
仕組みを作ってしまえば、新品を薄利で大量に
出品してるセラーとは差別化ポイントを作れます!

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP