コレクターつかまえれば100人力!

こんにちは(^^)
日本一自由な貿易コンシェルジュの中本です。

昨日から、嫁氏が広島から東京に来ております。
息子がイギリスに留学したので、
5月からは、嫁氏と東京で二人暮しになります。

さて、昨日は久しぶりに嫁氏と二人で
中目黒のフレンチでランチして、
夜は恵比寿で焼肉でした。


これは、またデブるな(^^;;

どちらもめっちゃ美味しくて
またリピートしたいと思いました。

飲食事業では、
この「リピーター」をどれだけ獲得するか?
これが死活問題ですよね。

一方で物販ではどうでしょう?
僕の生徒さんやコンサルのクライアントさんに
聞いても、この「リピート注文」を意識して
やってる方はめちゃくちゃ少ないです。

なぜか?

・Amazon、メルカリ、ヤフオク、ebayなど
プラットフォーム任せでほっといても売れる
・一度買ってくれた客に色々手をかけるのが面倒
・新規客だけで利益が出ている

だいたいこんな理由で、
リピーターを作っていく
重要性は頭では理解できてるけど、
中々手が回らない。
やってないって方がほとんどです。

これは、本当に勿体無いし危険なんですよね。
売上を新規客からだけで得ていると
なんかの拍子で売上が立たなくなると
途端にビジネスが崩壊してしまいます。

例えば、
アカウントがサスペンドされたりとか、
プラットフォーム側のルール変更や
アルゴリズムの変更でいきなり売れなくなる。
などなど。

一方であなたのお店やサービスの「ファン」が
できてて一定数の固定客がいれば、
そこからの売上が上がり続けます。

なので、途端にビジネスが行き詰まると言うことは
無いわけです。

じゃあどんなお客様をリピーターに
していけば良いかと言うと
例えばebay輸出ビジネスの場合だと

・コレクター
・マニア
・富裕層

これらの属性のお客様です。
例えばebayであれば、アニメやゲーム、
ミュージシャンやアイドルグッズや
ブランド品などの熱狂的なコレクターが
世界中にわんさかいます。

コレクターの所有欲というのは、
自分では抑えがきか無いくらい強いのです。
欲しい商品やキャラクター物は手に入るまで、
コンプリートできるまで買い続けてくれます。

売る側のこっちが
「この人こんなに買い物して大丈夫かな?
破産しないかな?」
と心配になるくらい買ってくれます。

継続的に売上と利益(LTV)を提供し続けて
くれるコレクターやマニア層のお客様とは、
どんどんコミュニケーションをとって
仲良くなってリピーターにして囲い込んで
行きましょう!

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP