顔は女の命です。

こんにちは😃
日本一自由な貿易コンシェルジュの中本です。

今日のメルマガは、物販とはまったく関係ありません。
半年後にどうするか判断が必要になるので、
備忘も兼ねて記録しておこうと思います。

大きく分けると、医療過誤になるのかな。

2月の上旬に僕の母が実家の広島の歯科で
右上の八重歯を抜歯する治療を行いました。

普通、麻酔をして歯を抜いて数時間したら
麻酔が取れて顔の痺れとか、なくなりますよね。

ところが、母は顔の右半分が完全に麻痺した
感じになっていました。

で、問題はその後の歯科医の対応にあると
思っています。

2/19に抜歯の治療をした後に、
麻痺が出ておかしいと感じた母は、
2/22
2/26
2/27と3回も自分の判断で
抜歯をした歯科医の元に診察に行っています。

その度に「時間が経過すれば良くなります」的な
ことを言われて薬を出されて、
そのまま帰えされていました。

要は、
「めんどくさい婆さんだ、また来やがった」
みたいな感じであしらわれてるわけです。

結局、別の総合病院の口腔外科を受信したのは、
すでに1ヶ月を経過したころ。
一見して顔の異常を感じた口腔外科の医師は、
すぐに専門の耳鼻科に母を回しました。

そこで「顔面神経麻痺」と診察をされました。
「なぜ1ヶ月も経つまで病院にこなかったのか?
麻痺が出てすぐに来ていれば、治療のオプションは
いくつかあったが、この時期では、
もうできることは無い。
あとは半年間は経過を見ましょう。
半年くらい経てば快方に向かうこともある。」
との耳鼻科での診察でした。

異常を感じて3日後に歯科に行った際に、
すぐに耳鼻科への紹介状を書いて
専門医の受診を指示しておいてくれれば、
もっと早い段階で適切な治療が受けれたかも
しれません。

まあ、これは医療をする医師側からすると
微妙な判断だったかもしれません。
抜歯後に麻痺が出るのは、症例としてレアらしいので
その歯科医がこのケースを知らず、
全く対応できなかった可能性もありますし。

また、抜歯や麻酔がこの麻痺の原因なのかも、
今となっては証明は難しい。
裁判になると長引くでしょうなあ。
はぁ。。

今日、僕は広島のその歯科医にアポ無しで、
行って母の治療カルテの写しをもらいました。

これは、医療系の問題に詳しい方のアドバイスで
事前にクレームをガンガンいれてしまうと、
小さな病院だと都合の良いようにカルテを
改竄されてしまう可能性もある。
だから、アポなしで中本さんが突然行った
方が良いよと。

なるほど、確かにそうですね。

まあ、僕はその歯科医と揉めるつもりはありません。
揉めたくもないし。
とにかく、麻痺がなくなって元どおり元気な
母に戻って欲しい、ただそれだけです。

女性にとって顔ってのはやっぱり命ですよ。
うちの母ちゃんもう70過ぎてるけど、
今は、右目の瞬きができず、口もうまく閉じれない。
全く元気がないし、外出もしたくないと言ってる。

やはり、他人からどう見られるかって、
いくつになっても女性は気にしますよね。

とりあえず、耳鼻科の医師からは
顔面麻痺は半年は様子を見ないと、
快方するかそのままか
わからないと言われてます。

半年経って麻痺が残ってたら、
どうするかなあ。。
家族として、息子として治療できることは
全部していこうと思ってます。

貿易や物販とは全く関係ないですが、
こんな対応を今やっています。
でもね、みんな両親が歳をとって病気や介護が
必要になると、大なり小なりこう言う問題は、
出てきますよ。

特に、医療系の友人のアドバイスには感謝です。
みんなほんとにありがとう!

本日もお読みいただきありがとう
ございました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP