失敗は成功の素

こんにちは!

中本です。

いやー
話題の映画「君の名は。」みてきました。

ストーリ
映像
音楽

どれも素晴らしかったです。
映画の舞台が東京なのでアニメファンの
聖地巡礼が盛んになるでしょうね。

また、神楽とか夏祭りとか、
日本の伝統的な行事の模様も
たくさん出ていたので、
この映画を見た多くの外国人が
また日本に興味を持ってくれると
思います。

ポケモン、ゴジラなどなど
日本のコンテンツの勢いは
世界に更に広まりそうです!

さて、今日は「スピード」について
書いてみます。

ビジネスを進めるには現代では
何よりスピードが大事だとよく
言われます。

これは、何もネットビジネスを進める時
だけではなく、サラリーマンの仕事ももちろん
一緒ですね。

何度か、メルマガで書いたことがありますが
PDCAではなくて、
DCAPでないといけません。

P=プランからでなく
D=Do実行からスタートです。

こう言うと特に拒否反応を示すのが
「完璧主義」の人です。

プライドが高い人にも多いですよね。
失敗が許されないタイプの人。

昔、僕がサラリーマンだった時に
ある上司からこっぴどく怒られたことが
あります。

「先週指示したあの件どうなってんだ?
 お前の仕事は遅すぎるんだよ!!」

僕としてはですね、考えられる選択肢とか
予算の比較とか、リスクとか全部完璧に
精査した上で資料を出したくて、
時間をかけてたのですが、
どうもそこが上司とはズレてたらしい。

「60%の出来で良いからまず出せ。」
という事だったようです。

ebay輸出にしろ、国内転売にしろ
なんでもインターネットを使ったビジネスは
変化のスピードがめっちゃ早いです。

大企業以上に個人レベルでやっている
副業や個人事業者はとにかくスピードが
大事です。

ただ、スピード重視でどんどんDoをしていたら
当然失敗も多くなります。

この失敗が大事なんですよね。

そもそも「失敗」するもんだ。
くらいの認識が大事です。

要するに致命傷にならなければ良いんです。

小さな失敗を早く、多く経験して
どんどん改善して強く、大きくしていく。
そんなイメージです。

ebayで言えば送料の計算間違っちゃって
赤字になっちゃうとか。
最初の小さくて、軽いものを売ってるときに
このような失敗を経験しておくと、
あとあと大きな失敗しなくなります。

15Kgの商品送るときにミスるよりも
500gの商品で失敗経験しといた方が良いです。

いろいろ考えて悩んで時間が過ぎるよりも、
まずは手を動かしてやってみて、失敗してみる。

人間が成長する時って失敗して
ピンチになってそこからどう立て直すか、
その瞬間だと思います。

逆に失敗から逃げていると、
スピードも遅くなるし成長もしないし
良いことありません。

まずはリサーチして出品してみる。
売ってみる。発送してみる。

これをどんどん回していきましょう。

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする