探せば出てくるもんだ。

中本です。

昨晩販売スタートした小玉さんの

「The Mail Magazine」

発売開始から6分で購入者が

100人超えたそうです。。

凄すぎる。。
僕も小玉さんの先着特典を狙って
速攻で購入したのですが、
全然間に合いませんでした。。。
それくらい売れている教材だと
いうことです。
奇手奇策ではない、お客様の満足を
徹底的に追及する「王道」の情報発信を
学ぶには、小玉さんの右に出る人はいません。
そして物販→情報発信を考えているのであれば、
必ず買っておくべき教材です。
「実績者の声」には中本も出ています!
http://www.infotop.jp/click.php?aid=294656&iid=66777&pfg=1
さて、輸出の話です。
実は先日カナダのお客様に
ある録音用の機材が売れました。
ざっと利益30万円。。
しかし、無在庫あるあるですね。
型番が2文字異なっていて、
お客様が注文した商品が売り切れていました。
いや〜
利益30万ですからね。
そう簡単に諦められません。
メーカーにも問い合わせた
のですがどうやら「生産終了」の
商品でメーカーにも在庫は無いとのこと。
「店頭在庫で持っている楽器屋さんが
 あれば買えるかもしれません。」
 と言われスタッフ総出で探しまくりました。
僕も日本中の楽器屋に電話
しまくりました。
こういう時、コールセンターの
経験が生きますね。
あと、馴染みの楽器屋さんの
店長に何人か相談してみたところ
「中本さんにはいつもお世話になっています。
 全店舗の在庫を調べます。
 ちょっとお時間ください。」
と、すごく親身になって在庫を
探してくれました。
仕入先のショップにも顔を出して
仲良くなっておくと、困った時に
助けてくれます。
やはり、リアルで会うって大事です。
ただ、大捜索の甲斐なくその商品は、
どこにもありませんでした。
日本には。。
日本になければ、アメリカにあるかも。
ってことでスタッフが探したところ
アメリカのショップに有りましたww
速攻でアメリカのショップで購入して、
アメリカのスタッフさんに届けて、
そこからカナダへ送る流れで無事
受注となりました。
当初の利益よりは少し減りましたが
それでも20万以上の利益が残りました。
無在庫販売の場合、仕入れは日本で
ある必要はありません。
北米が主な商圏であれば
アメリカのネットショップで仕入れが
できれば、それを転送すれば良いです。
ただ、やはりアメリカに商品の
受け入れや発送を受けてくれる
信頼できるスタッフさんが必要に
なります。
先月LAに行ったのはその基盤を
作る為でもありました。
ということで外注スタッフさんを
雇う時は、アメリカ在住の日本人の
外注さんを重点的に探してみる事を
おすすめします!
本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする