アメリカに住んでる人、見てます?

こんにちは(^^)
日本一自由な貿易コンシェルジュの中本です。

昨日ですね、自分のオフィシャルブログの
アナリティクスを見てたんですよ。
Googleアナリティクス先生。

ページビューとか、ユーザー属性とか
わかるやつ。

そうしたら、ユーザーの40%弱がアメリカからの
アクセスでした(゚o゚;;

マジかこれ笑

何かの間違いのような気がせんでもないけど、
まあ確かに以前から、僕のメルマガやブログの
読者でアメリカ在住の日本人の方は
居たのは知ってます。

ただ、4割ってww
いつの間にこんなに増えたんだろう。

まあ、よくわからないですが、
なので今日はアメリカ向けの記事を
書いて見ようと思います。

まず、海外在住の日本人で何かビジネスしようと
してパッと思いつくのはBUYMAですね。

海外で買い付けして、
BUYMAで日本で売るパターンですね。

既にやられてる方もたくさんいると思います。
お友達の花井さんも、何度もロサンゼルスでセミナー
とかしてますし、なんせ現地だと安く仕入れできます。

特に年末のアメリカの投げ売り状態はやばいです。
ブラックフライデー近辺のセールは50%オフあたりまえ。
中には80%オフとかもありますね。
原価いくらなのよって世界です。

年末、ビバリーヒルズのバーニーズニューヨークで
FENDIとかGUCCIとか8割引でした。
ドンキのワゴンセールみたいに投げ売りされてて、
笑いましたww
お願いディスプレイ、もうちょっとなんとかして(笑)

あの価格でアメリカで仕入れて、日本で売れば
そりゃ利益出ますよね。
BUYMAだけじゃなくて、
メルカリ、ラクマとかでも売れそう。

ということで、アメリカ在住の日本人で
現地でサクッと仕入れできる人は、
日本に向けて転売すると良いですね。

あとは、その逆でebayやAmazonを使って
日本のマーケットにある商品をアメリカで販売する。
アメリカからみたら輸入ですね。

これは、僕のebayスクールの生徒さんも
取り組んでいる方が数名いらっしゃいます。

アメリカだけじゃなく、オーストラリアやドイツ、
フランス、メキシコの方もいらっしゃいます。

売れた商品の発送は日本の外注スタッフさんや、
転送業者を使えばアメリカで売れた物を
日本のオンラインストアで購入します。
あとはアメリカに商品を送るという流れです。

アメリカに住んでいれば、
現地で何が流行っているかとか、バズっているか。
我々日本人より圧倒的に早く、確実な情報を得られます。

あと、アメリカに住んでるってことは、
少なくとも一般の日本人よりは、英語もできる?はず?
だと思うので言語の壁がそんなに高くないですよね。

もう一つメリットは、売上が上がってくると
無視できないのが「返品」です。
ebayもAmazonもある一定数でどうしても返品は
発生します。

その場合、いちいちアメリカから日本まで返品されると、
その送料や何やかんやが、ものすごくロスになります。
なので、アメリカに拠点がある方は返品を日本じゃなく
アメリカの住所に返してもらい、現地で再販すれば良いです。

あとは、あまりグレーなことは言えないですけど、
ビザの問題でアメリカでは働けない!って場合。

クラウドワークスとかで日本人とパートナーになって
仕事を請負えば、ロケーションは関係なくなります。
給料や売上は日本の銀行口座に振り込んでもらえば。。

あんまり、余計なこと言わんとこww

とにかくですね、アメリカで暮らすって
マジ大変だと思うんですよ。

いや、とにかく生活コスト半端ないですから。
日本というか東京の方が全然安いです。
食べ物も住居も移動やらいろんなサービス。
兎に角、アメリカやヨーロッパは高い。

自分が今いるロケーションで越境で利益を
生み出すことができるメリット、強味を生かして、
Make Moneyしてくださいね!

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP