Made in Japan =職人のこだわりだったりする

こんにちは(^^)v
日本一自由な貿易コンシェルジュの中本です。

昨日は、埼玉のとあるメーカーさんに
お邪魔してきました^^

先日、ビックサイトの展示会で知り合った
社長さんに会いに行ってきたんです。

長年にわたりご自身の手で製品を
生み出してきたその圧倒的な自信と
プライドを感じました!

まだ、全然形になっていないので、
具体的な商品はまだ出せないのですが、
日本製のこだわりにこだわった商品を
アメリカにローンチするために、
試作品を作ってもらいます。

何だろうこう言うのって
「めちゃくちゃ楽しい!!」

ほら、僕らがやってる事って
結局どこまで行っても「転売」な訳ですよ。

Aというプラットフォームの商品をBと言う
プラットフォームに出して差額を利益をして得るって言う。

ebayだろうがAmazonだろうが楽天だろうが、
まあ一言で言えば大体転売ですよね。

いや、僕もそれで食ってきたので、
転売がダメだとか言いたいのではありませんよ。
初心者の方はまずは転売からスタートすべきです。
とにかく成果が出やすいですから。

ただ、ある程度転売をやり切ってくると、
やはり自分でコンセプトを考えて、
世界のどこにも無い初めての商品を
世界に向けて販売してみたい。

これは、テンション上がりますねえ!

これからメーカーの社長さんともやり取りを
重ねて納得の商品にしていきたいと思います。

そう言う意味で直接顔を見て話しを聞いて
商談できる展示会はやはり良いですね!

作り手のこだわりも直接感じることができるし、
逆に私たちのような小売をやってる側の
本気度や販売力も先方に伝えることも出来ます。

ただね、価格がね(^_^;)
日本製だとどうしてもお高くなっちゃうんですよね。
でも、それも物はみせ方です。

日本の伝統的な製法で作られていて、
品質は世界最高峰と断言できる商品ですから、
そのあたりをうまくプロモーションで伝えて
世界の超一流を探している顧客に売っていきます。

多分、普通の市場に出回っている商品の
3倍くらいにはなっちゃうのですが、
それでもその良さを分かってくれる人が
購入してくれれば良いです。

妥協して値下げはしない。

よくね、売れないとすぐに値下げして
何とかして受注を取ろうとする人がいますが、
それだと値下げしないと買わない客層しか
集まってこなくなります。

質の悪い客ばかりが集まってくると
不当な値下げ要求やクレームなど
手間もかかりますし精神的にも疲れますし
良いことはありません。

良い商品を
良いお客様に
良いお値段で
気持ちよく買って頂く^^

これが精神衛生上も一番良いですね!

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP