段取りは早めに!

こんにちは! 中本です。

本日は広島のとある企業様と海外販売についての

打ち合わせでした!

うちから結構近いところに倉庫があってそこに

在庫が山積みになっていたのですが。。。

まあ、宝の山でしたww

詳しくは書けませんが、現在は国内のみの販売チャネルのみ

とのことでしたが、是非海外に販売するお手伝いをさせて

頂きたいと思っています。

eBayに出せばかなり効果的に効率よく販売出来そうです。

さて、昨日は1月22日からアメリカのカリフォルニア州

アナハイムでスタートする世界最大の楽器展示会 NAMMショウ

に参加するための各種申請手続きを行いました。

実は展示会に入るのには事前に審査があってその審査に

合格した業者しか中には入れないという。。。

そんなん、知らんかった。

しかも、申請期限は1月7日。。。

もう飛行機もホテルも全部予約してるのに。

あと二日しかないやんけ!(汗)

という事で慌てて各種申請手続きを行いました。

しかしですね、まあ当然ながら全てHPは英語な訳です。

で、必要事項の項目に色々入力していくのですが

至る所でエラーが出て怒られる訳です。

結局、パソコン睨んでてもどうにもならんという事で

今回、アメリカに同行してくれる通訳のKさんに頼んで

NAMMの事務局に電話する事にしました。

時差があるので夜中の午前3:00に起きて3者通話。

ていうか、僕は聞いてただけで一言も発してないですがw

いやまじで英語ペラペラできる人、尊敬します。

Kさんありがとう。

うん、僕も少しづつでも英語も勉強しよう。

で、やはり電話して聞いたら解決は早くて

①法人を公的に証明する文書をメール

②仕入れ先からの請求書を2部メール

必要事項を埋めて以上を送付したら即審査に入るとの事。

で、書類の写メをメールしたら数時間で審査終了していましたw

教訓:明日やろうは馬鹿野郎

出来ることはさっさと終わらすべきですね。

さて今回、僕たちは楽器メーカーでは無いのでブースを出店する

のではなくバイヤーとして参加することになります。

しかも日本からわざわざアメリカまで来ているバイヤー

という事でかなり「売り込みに来られる」立場のようです。

日本やアメリカにあまり流通してないギターメーカーさんと

正規の代理店契約が結べて、eBayで世界中に販売できたり、

国内のショップに卸せたりしたら夢が広がるんですけどね!

とにかく良いご縁が広げられるように沢山の商談が

できたらと思います。

今日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする