出来ない理由探しじゃなく、どうやったら出来るかを考えよう

こんにちは(^^)
日本一自由な貿易コンシェルジュの中本です。

広島に向かってる新幹線でこの記事を書いています。
広島の家まで片道5時間かかるので
バンコクへのフライトとだいたい同じですよね。
もはや、海外旅行です。
やはり嫁氏を早く広島から東京に呼ぼう。
移動の時間が無駄すぎる(T ^ T)

最近、ありがたいことにブログやSNSやなんや
かんやから、色々ご相談や問い合わせをいただきます。

対面だったり、オンラインでZOOMだったり
電話で副業のご相談を受けています。

僕がメインで教えているのはebayを軸にした
「輸出」ビジネスです。

メリット
・ネットを使って世界中に商品を販売できる
・ひと昔前のように、大きな初期投資が不要
・在宅で取り組める
・お客様の要求レベルが総じてゆるい(日本人との比較論ですw)
日本人は、まあどうでも良いところにとにかく細かいっす。

まあ、ぱっとあげるだけでも色々メリットがあります。
ただ、当然のことながらデメリットもあります。

デメリット
・英語(を主とする)外国語でカスタマーサポートしないといけない
・商品を海外に発送しないといけない
・詐欺られると実質どうしようもない
・日本の常識が通じない

この時点で日本人の多くは、こう思います。

「英語で商売なんか自分には無理やん!」
そう、これこれこれ!!
こう思う人が日本人のほぼ90%以上なんですよww

この時点で、僕ら輸出プレーヤーのライバルは激減します。
いや、本当にありがとう!
いつまでも、縮小してる一気に高齢化する
世界の片隅のマーケットにしがみついて、
限られたパイの奪い合いで消耗していてくださいなww

うわ、なんか嫌なやつやな。。
まあ仕方ない、事実だし。

先日、ご相談を受けた方もやはり
「英語の壁」がネックになっている。

だから、一歩を踏み出せない。
そうおっしゃっていました。

まあご自身が「英語」が苦手だからやらないと
決めたことなら仕方ないです。
本人の自由だから、僕にはどうしようもないし。
無理やり輸出やれよとも言えませんし。

しかし、現在は翻訳サービスは有料も無料も
たくさんサービスがあります。

私が使っているのは、以下の3つです。

無料の翻訳サービス
Google翻訳
https://translate.google.com/?hl=ja

最近は驚くほど精度が上がっています。
さすがGoogle先生です。

有償の翻訳サービス
https://conyac.cc/ja
200円から500円程度で生身の人間が、翻訳をしてくれます。
中には、おかしな翻訳を納品してくる人もいますが
依頼してから翻訳結果が返ってくるのがめっちゃ早いです。

クラウドワークスやココナラなどで、
翻訳スタッフさんを見つける。
https://crowdworks.jp/
https://coconala.com/

単価次第で英語の翻訳してくれる人とか
無限に応募してきてくれます。

つまり、何が言いたいかと言うと、
輸出ビジネスをするのに、自分自身が英語を喋れたり
英文を作れたり、翻訳したりする必要なんか無いんです。

ネット上の色々なサービスを組み合わせれば、
英語はハードルではありません。
そして、あなたが英語をマスターする必要もありません。

僕自身、アメリカ大陸を単独でバイクで横断しておきながら、
英語はさっぱり話せませんww

英語をマスターするのに使う時間があれば、
もっと他の優先順位が高い事に今は、
時間を使いたいです。

まあそもそも、
「英語ができないから輸出ビジネスはやめときます。」
とか言うくらいの豆腐マインドだと、
なんのビジネスをやっても、その程度の困難にぶつかったら
すぐ逃げてしまうか、すぐ心が折れてしまうので、
ビジネスで自分の力で稼ぐのは、向いてないとも言えます。

大人しく雇われが良いと思います。

うわ、また、なんか嫌なやつww

今日はこの辺りにしておきます!
最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP