【クラファン輸出】包丁はUKに送れません。Facebook広告のターゲットからUKは外しましょう。

こんにちは^^

クラファン輸出に挑戦中の中本です。

あ、もちろんebayもやってますよー!

なんかこの前「中本さんもうebayやめちゃったのですか?」

とか言われたのですが、普通にやってますよ!

1月はクリスマスプレゼントでギフトカードもらった人が

ガシガシ使ってebayで買い物するタイミングですからね!

ebayもゴリゴリやってます。

さて、昨日クラファンの広告運用を任せる

USの担当とミーティングでした。

前回、年末に通訳をお願いしたSAATSの林さんが、

CESのためベガスにいっちゃってるので、

今日はebayの出品ツールNijyuyonでお世話になった

同郷、広島の天野さんに通訳をお願いしました。

Nijyuyonの天野さんとSAATSコマースの林さんに

通訳をお願いできるって、

本当に贅沢すぎると言うか、恐れ多いと言うか、

ありがたい限りです^^

お二人ともECに精通したビジネスマンで英語も

バリバリだから、聞きたい事や詳細も英語で全部聞いてくれる^^

マジで神。

昨日はUSの広告運用の実務担当者と2回目の打ち合わせでした。

1/7から1/27までのプレローンチ

1/28から2/24までの本ローンチ

プレローンチでやるべきことを整理しました。

まずは最初1週間ほど広告ターゲットを決めて、

Facebookとインスタで回してみて、

リスト単価$2.5くらいをターゲットにする。

都度、広告の修正をしながら1週間後に再度ミーティング。

商品の受注といっても、クラファンだから「支援」ていうけど、

だけどまあ、要するに予約受注のコンバージョンは10%を

目標にする。

このコンバージョンが10%出るかがポイントです。

今回やろうとしている和包丁は$200ほどのかなり

高い価格設定なので、アメリカの見込み客がどう反応するか?

ですね。

まあ、何もかもが初めてなので、やってみんと分からんす(笑)

あとは、広告を回すターゲットのロケーションです。

彼らは様々な案件で広告運用を代行するノウハウを

持っているので、kickstarterではどの国でリストを

取るのが効果的か把握しています。

まあもちろん、アメリカのシェアが一番高くて

60%くらいはアメリカのリストを集める予定です。

ただ、ヨーロッパやオーストラリアもkickstarter

ユーザーは多いので、残り40%がインターナショナル

という配分になりそうです。

ただ、一部、例えばUKとアイルランドはそもそも

包丁の発送ができません。

詳しくは林さんのこのエントリーをご確認ください。

https://saatsmedia.com/mail20190430/

なので、せっかくコストをかけてUKのリストを

確保しても、本ローンチで包丁どうぞとは、

おすすめできないので、UK、アイルランドは対象外

になります。

この様な感じで細かい広告を修正しつつ、

リストを集めて、本ローンチ初日にメールを流して

アクセスと支援を一気に集めるという作戦です。

kickstarterやおそらくIndiegogoもですが、

商品ページを作って、ひっそりとオープンしても

オーガニックでの検索流入はそれほど期待できません。

過去の実践者の方の話を聞いても同様にそういう

お話しでしたので、まあお金はかかりますが、

広告回してローンチ初日に盛り上げる!

という戦略で進めております!

しかし、年末にミーティングした時は、

担当のDavidはヒゲぼーぼーで、

ニット帽にパーカーでマクドにいる、

普通のアメリカのにいちゃんで

「おいおい、こいつ大丈夫かな(^^;;」と

思ったのでした。

ところが昨日は、散髪してブロンドのメッシュも入れて、

ヒゲも整えてて、

「あれ?デビッド・ベッカムさん?」

てくらいイケメンになってました。

最初、別人かと思ったわ(笑)

とりあえず、KPIを共有できたので、

お互い新年1目の本ローンチに向けて、

リスト集め頑張っていきます!

今日も最後までお読みいただき、

有り難うございました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP