いくら売ればトントンか知ってます!?

中本です!

先日もお伝えした

宮島で開催されたFMCの情報交換会。

その模様をまとめた動画が公開されました!

https://www.youtube.com/watch?v=J3u5301gtPE

FMCの雰囲気がとても伝わる動画です。

しかも、クオリティめっちゃ高いし。

最初の出だしの映像は宮島のPRビデオで使えそうな勢いです。

是非、ご覧になってみてください!

さて、

実は今日は輸入のネットショップで売れた商品を

久々に自分で発送してみました。

輸出がメインなので、国内のお客様に発送するのは

あまりないのですが、いつもは佐◯急便さんにお願い

しています。

で、いつもの馴染みのドライバーさんに集荷依頼を

して見積もりを出してもらったら、あらびっくり。

発送先が沖縄の離島だったので中継先からの特別運賃が

かかるとの事で約10,000円でした。。

アメリカまでEMSでギターおくっても11,000円くらいなので

さすがに高すぎます。。

で、

日◯郵便

ヤ◯ト運輸

それぞれの担当に見積もり出してもらったところ。。。

ヤ◯ト運輸さんが圧倒的にお安かったです♡

ここで、商売やるなら絶対に知っておきたい公式を一つ。

案外知らない人も多いのでご紹介。

コストには大きく分けて二種類あります。

売上が伸びるに比例して上がるコストは変動費。

仕入原価とか発送費など。

売上の伸びに関係なくかかるコストは固定費。

正社員の人件費とか家賃、月額固定のシステム利用料など。

売上 ー 変動費 = 限界利益

限界利益 ー 固定費 = 利益

いくら売ればトントンなのかは

損益分岐点を出せば分かります。

ブレークイーブンポイント(BEP : Break even point)

とも言います。

損益分岐点売上を出す公式

固定費 ÷ 限界利益率 =損益分岐点売上高

ちなみに、損益分岐点がわかって無いということは

月間の売上目標と売上個数の目標も何個うればトントンで

いくら利益が残るか、よく分かってないという事です。

目標がフワフワした状態だと達成も危ういので、

しっかり把握して目標をたてましょう!

て、ことで赤字か黒字かトントンになるラインを

決める上で変動費の中でも大きな「送料」は、

とても重要なコストの一つです。

国内にしても、国外に発送するにしても

如何にしたら送料が安く押さえられるかは

常に意識して取り組みたいですね。

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする