外注化はまずは発送から

中本です!

今日は生まれて初めて”福島県”に上陸しております。

ビジネスではありません。

2年ぶりのSuperflyのLIVEです。

「どうせなら、一生行くことがなさそうな県に行ってみよう」

という事で青森とか石川とかと悩んだ末、福島の郡山市にしました。

ええ、広島からはちょっと遠いですね。。

とにかく、楽しんできたいと思います!

今日のテーマは外注化です。

物販である程度、受注が増えて稼げてくると

どうしても外注化して仕組化をしていかないと

どこかで頭打ちになります。

全部自分では出来ないからです。

リサーチ、出品、発送、顧客対応、仕入、経理

物販には色々な業務がありますが、どれがかけても

ビジネスの流れが止まってしまいます。

では、何から外注化すべきか?

まずは「発送」ですね。

月間で10万も利益があれば発送は外注化した方が良いです。

ただ、まずは全て自分がやらないとダメですね。

外注化するという事は自分ではない誰かに仕事を任せる訳です。

当然、マニュアルが必要ですが、自分がやっていないとこの

マニュアルが作れないです。

また、ビジネスは必ずイレギュラーな事が起こるので

まずは自分が経験しておかないとスタッフさんから質問が

来た時に対応できませんし、的確な指示もだせません。

自分が何もできないのに、安易に全て外注化というのには

賛成できないですが、自分以外の誰かに任せても出てくる

成果物が同じであれば、自分がやる必要はありません。

プチプチで商品を梱包して箱に詰める時間があれば、

新しい稼ぎ方や商品をリサーチして利益を増やす事に

時間を費やすべきですね。

外注化を進める事で、どんどん考える時間が増え

結果的に稼ぎの額も加速していきます。

何でもかんでも自分で抱えて全て自分でやるとは出来ない

ので、スタッフを信じてどんどん任せて行きましょう!

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする