テレコ最悪

ついにやっちまいました。。

商品をお互い別の住所にテレコで届けてしまうミス。

これまでも、何度か起こりかけた事はあったのですが

未然に防げていました。

が、今回

フロリダに届けるギターがケンタッキー州へ。

ケンタッキーのギターがフロリダのマイアミへ。

きれいに入れ違ってお届けしてしまいました。

 

さて、これ今回対応してみて分かったのですが。。。

恐ろしく面倒くさいです。

最初は、カリフォルニアのスタッフさんの家にそれぞれの

ギターをお客様から送ってもらい、検品と再梱包の上で

再度正しい住所にお届けする、というプランでいました。

ところがそうは簡単にいきません。

片方のお客様が「とにかくギターは早く届けろ!」と

すごい剣幕で怒ってて今にもeBayにエスカレーションを

しそうな勢いです。

かたや、マイアミのお客様は間違って届いた人のギターを

「おー これめっちゃ弾きやすいじゃん。俺も欲しいよこれ!」

と、およそ日本人では理解できない自由の国アメリカを体現して

くれてます。

そうこうしているうちに、お客様同士がEMSの伝票に書いて

あった電話番号でお互いに連絡を取り合うという、また面倒な

状況に。。

結局、お互いのお客様にそれぞれ$150を前払いで渡して

それぞれ正しい住所に発送してもらうようにお願いしました。

アメリカ国内の送料なので$150は多いのですが、そもそも

間違えて届けているのはこちら側のミスなので、痛い出費ですが

多めに渡して発送をお願いした形です。

で、一方でそもそもなぜテレコで商品が届くような事態が

発生したのか?

これは発送担当者が外装の箱に伝票を貼付けず、商品と伝票を

バラバラで渡してしまった事が可能性としてあります。

もう一つは日本郵便の担当が検量などの作業をする際に伝票を

入れ違えてしまった。

再発防止策としては、外装の箱に伝票を間違いなく貼付けして

さらに日本郵便に受け渡す前に写真もとっておくと。

そうすればミスの切り分けが可能です。

発送フローの見直しをして再発防止を行います。

しかし、これたまたまアメリカ国内でのテレコだったから良かったですが

国をまたいでいたら、更に悲惨ですね。

アメリカとオーストラリアとか。。

ロシアとブラジルとか。。

考えただけで頭が痛くなりますww

とにかく、商品をテレコで届けると後でかかるロスが半端なく

大きくなるので絶対に起こさない仕組みを作っておきましょう。

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP