ワシントン条約によるローズウッド輸出規制について

こんにちは。

中本です。

今日は主にギターやベースなどの輸出入販売を

されている方には重要な情報となります。

先日、私の輸出スクールの生徒さんには一足

先にシェアさせて頂いた内容をメルマガ読者様にも

ご紹介させていただきます。

ーーーーー引用

From: 中本アキノブ

日付: 2016年12月13日 23:42

件名: 【※重要※】音声動画をお届けします。

お世話になっております、中本です。

本日は、主にギターやベースなどの弦楽器を輸出もしくは

輸入販売している方には、非常に重要な音声になります。

私自身が経産省に確認した現在のところの

情報を音声にまとめましたので

必ず聞いてください。

https://youtu.be/3JgDFbJKKyQ

結論として、

2017年1月2日以降はギターの7割近くに使われている

「ローズウッド」という材料を使用した楽器の輸出には

経済産業省のCITESという輸出許可証が必要となります。

個人、個人事業主、法人など事業の形態や規模に関わらず

例外なく必要です。

この輸出許可の申請が非常に煩雑で

1本のギターを販売するのに

膨大な手間暇がかかることになりそうです。

「なりそう」というのは、あまりにも急な決定のため

役所自体も走りながら対応をしている状況だからです。

今後、この申請フローなど

改善、簡略化されるかもしれません。

条約の改定が施行するのが2017年1月2日なので、

もう時間がない訳ですが、

私自身はローズウッドを使用した楽器の販売は

早急に停止する予定です。

無論、ローズウッドやワシントン条約の対象でない

材料の楽器については販売は可能です。

参考サイト

経済産業省ワシントン室の通達

http://www.meti.go.jp/press/2016/12/20161212002/20161212002.html

※上記通達の中の要注意点※

「平成 29 年 1 月 2 日前後にローズウッド種の輸出入を行う場合は、

相手国側の措置をご確認ください。

特に、米国向けに輸出されるローズウッドの貨物については、

米国輸入日が 平成 29 年 1 月 2 日以降であれば、輸出国の船積み日が

 1 月 1 日以前であっても改正附属書 に伴う CITES 輸出許可書または

再輸出証明書の提出が米国政府により求められています。」

上記を逆算すると、12月中旬頃を米国への販売期限としておかないと

EMSの動きが少し遅れれば、米国への荷物到着が1/2をまたいでしまう

可能性がありますので、ご注意ください。

楽器販売最大手 デジマートの記事

http://www.digimart.net/magazine/article/2016113002304.html

フィンガーボードの種類

http://www.naru-gakki.com/material-fingerboard/

ーーーーここまで

私はこのような情報が出た場合には、

できる限り自分で監督官庁に電話して

窓口に実際に赴いて、現場の人と直接話しをして

情報収集して判断をするようにしています。

そうでないと、具体的にどの様な申請が必要で、

ビジネスを進める上で、どれだけ負荷がかかる

物なのか意思決定するための材料が揃わないからです。

聞きかじりの情報やどっかのコピペの

情報を鵜呑みにするような事は止めた方が良いです。

そして、これは12月14日現在の情報に基づいた

中本の個人的な見解です。

意思決定は、ご自身で確かな情報を確認し

自己責任においてご判断ください。

上記の情報により生じた損害については

中本は一切責任を負いかねますのでご了承ください。

また、この件については、私はメーカーや販売店にも

コネクションがありますので、続報があれば

随時シェアさせていただきます。

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする