下手な鉄砲は数撃たなきゃ

中本です!



先週から僕のスクール生の皆さんと

個別面談会を実施しています。





その際に稼ぎたい額や将来の目標を

伺っています。自分の成りたい姿や

夢を語るとき皆んな目が生き生き

しますね。







皆さんプラスのオーラが出てるので

話を聞いている僕も元気をもらえます。

輸出ビジネスを通じて是非夢を叶えて

行って欲しいと思います。

僕も全力でそのサポートをして行きます!





さて、そろそろ輸出のボーナスシーズン!

ホリデーシーズンも本格化というところ

ですが、今日は無在庫販売のポイントに

ついてお伝えします。





ebayの無在庫販売で稼ごうと思うえば

まず初心者さんがすべきは「販売リミット」を

あげる事です。

何はともあれ、リミットアップです。





あ、前回リミットアップしたのがいつで

30日後に次にリミットアップできるのが

最短でいつか把握していますか?





常に最短→最短でリミットアップ

しないとダメです。





枠一杯出品して30日後にリミットアップ。

最初はやる事はこれだけです。

なんてシンプル。。。





で、なぜリミットアップが必要かというと

当然たくさん出品したいからです。





僕みたいに200億以上もリミットは

必要ありませんが1億くらいは欲しいですね。





最近ebayは結構ゆるくて、2倍、3倍に

なっているケースはたくさんあります。





あとは、ebayが勝手にリミットアップ

してくれる自動リミットアップが起こって

いる人もたくさんいます。





で、このリミットが確保できれば

無在庫販売であれば1000点、

2000点、

3000点と出品数が増やせます。





無在庫販売の場合多くの場合は

小売価格での仕入れになる人が

多いでしょう。





そこに、

ebayの手数料

PayPalの手数料

国内送料

海外への送料

自分の利益

これらが乗っかってきます。





つまり、当然の事ながら

お客様からすれば高くなるので

売れにくくなるわけです。





じゃあどうすれば良いのか?

「数を多く出す」

という結論になります。





勿論リサーチは大事です。

たくさん多くのカテゴリーの

商品を見なければ何が売れていて

利益が取れるか何時までたっても

わかりません。





ですが、まず最初は「悩むより出せ」

これが大事です。





売れてから入金確認したあとに

仕入れる無在庫販売であれば

リスクはありません。





受注率が低い分を出品数でカバーする

事が必要です。



ざっくりした例ですが月に10万の

利益目標だとします。。。



1販売あたりの平均の粗利が1000円

受注率が10%

目標利益が100,000円



この場合商品を100個販売しないといけません。

そして受注率が仮に10%であれば1000品の

出品数が必要になります。





まあこれはebayだろうがAmazonだろうが

ネットショップだろうが全て共通して

言える事ですが、無在庫で「売れねー」と

言っている人の多くが「出品数が少なすぎ」

の場合が多いです。





有在庫で需要の高い高回転の商品を

資金を投下して在庫して売っていくか?





リスク無い無在庫で数多く出品して

売っていくか?





それぞれの特徴を把握した上で

販売していきましょう。





まあ、最強なのは最終的には

無在庫でも有在庫でも

「両方で稼げる」事です!





今日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする