利他と利己

中本です!

「利己的」とはウィキペディアによると

「自己の成功率を他者よりも高めること」らしいです。

「利他的」とは

「自己の成功率を損なってでも他者の成功率を高めること」らしいです。

昔、京都に住んでいた時に社会人のフットサルチームの監督を

していたことがあります。

サッカーもフットサルもそうですが何が何でも

「自分がゴールを決めたい」

「自分がヒーローになりたい」って選手が居るんですよね。

横にパスを出せば確実に点が取れるのに

絶対にパスを出さず自分がシュートを打っちゃう。

チームの勝利の為に、パスを出すってことが出来ない。

「なんで、パス出さないんだよ~!!!」

監督わめきちらす。。みたいな。。

でも、フットサルではシュートを打ちにチャレンジするのは

悪いことではないのでシュートを選択してもそこをとやかく

言うことは絶対にしませんでした。

その場、その場の選手の判断を最大限尊重。

一方でビジネスのフィールドで「利己」を追求していくと

早晩必ず破綻します。

お客様の利益を考えず、自分の利益しか考えない。

取引先(仕入先)を泣かしてばかりで自分の利益しか考えない。

従業員を酷使して死ぬ程こき使う。

こんな事してたらビジネスが長く続くわけないですね。

一方で「利他」を追求していけば自分だけでは出来ない

正のスパイラルが起こる(と思います。)

何故に、トーンダウン!!

正直いって中々すべて「利他」の精神で動くってこれは中々

難しいです。

僕は京セラの稲森和夫氏の書籍で利他の心について

勉強したのですが、いつも周りの人の事を考え

思いやりに満ちた判断と行動が取れているか?と

言われれば、これは本当に難しい。

僕もまだまだ修行が必要です。

しかし、僕が今所属しているビジネスコミュニティFMCは

この利他の心が沢山あふれています。

成長したい、成功したいとポジティブな気持ちを持って

いる人が多いので、利他の気持ちや行動が自然に増える

んだと思います。

そのような環境に身を置けるのは幸せな事です。

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする